Liqui-Cel

脱泡(バブル除去)

技術短信

技術短信(TB)69:インクジェット印刷で15%高速化に成功スーパーフォビック分離膜コンタクター(脱気モジュール)を使用
多くのハイスピード・ワイドフォーマットのインクジェット・プリンター(印刷機)には、生産性を向上させたり高速化に対応するために、超過したガスを取り除くスーパーフォビック分離膜コンタクター(脱気モジュール)が使用されています。 インクの脱気・脱泡による生産報告では、15%ほど高速化に成功しました。インクの脱気・脱泡はプリンター(印刷機)を円滑に運転するだけでなく、品質と生産性も向上することが可能です。

技術短信 (TB) 52:インクのバブル除去(脱気・脱泡)
スーパーフォビック®脱気膜を備えたインクの脱泡。

技術短信 (TB) 24:スーパーフォビック®を使用したフォトレジストの
バブル除去(脱気・脱泡)フォトレジストからのバブル除去及びスーパーフォビック脱気膜の持つ特徴

TB 40: MiniModule® Fact Sheet
使用されるミニモジュール® 脱気膜に関する質疑応答。

もっと技術短信

詳細

アプリケーションに合った製品をお探しですか?ご覧になれる全ての リキセル® 分離膜コンタクターの 技術資料をお読みください。

小型及びインラインで効果的な分離膜によるバブル除去ミニモジュール®、マイクロモジュール®、及びリキセル®分離膜コンタクターは、様々な液体からバブル(気泡)を除去するコンパクト及びインラインで可能な処理方法です。

処理中に圧力変化を伴う装置では、溶解ガスが除去されない場合にバブル(気泡)が発生したり、液体から余分な泡が出たりする問題が生じます。 脱泡モジュールは、簡単・インラインで除去する方法を提供します。

分析及び測定装置おいて、バブル(気泡)は測定の際にマイナス要因です。 バブルは例えば、粒子モニターなどに見られるように、粒子として判断されたり、誤って読み取られたりすることがあります。 脱泡モジュールにより、すべてのバブルをワンステップで簡単に除去できます。

バブル(気泡)はまた、メガソニックやウルトラソニック装置による洗浄処理においてマイナスのインパクトを与えるとして知られています。 メガソニックの洗浄バスにおいて、バブルはウルトラソニック・エネルギーを屈折、又は吸収することで洗浄効果を軽減させる場合があります。 同時に、窒素又は水素などのガスを特定量だけ溶液中に
残すことは効果的であるとされています。 リキセル脱気膜は、これらのアプリケーションにおいて、その洗浄効果を促進させるために総合的なガス・コントロールを行います。

窒素で覆われた貯蔵タンクから吸収された余分な窒素ガスによってもまたバブル(気泡)が形成されることがあります。 タンクから出て行く水に圧力が加えられると、窒素は溶液からバブルの形で出てきます。バブル(気泡)やフォーミングの問題は、タンクで溶け込む窒素などの溶存ガスをリキセル脱気モジュールで簡単に取り除くことができます。

様々な産業分野のニーズに応えるために、分離膜コンタクターのサイズを多数揃えています。ミニモジュール® 及びマイクロモジュールTMは、小規模な装置の脱泡に適しています。 当社は分離膜及び分離膜モジュールの開発リーダーです。  脱泡及び脱気のニーズに応えるために、分離膜及び分離膜モジュールを製造開発すると共に、迅速に対応できるよう脱気モジュールを揃えています。