Liqui-Cel

インクジェット / デジタル印刷

技術短信

技術短信(TB)69:インクジェット印刷で15%高速化に成功スーパーフォビック分離膜コンタクター(脱気モジュール)を使用
多くのハイスピード・ワイドフォーマットのインクジェット・プリンター(印刷機)には、生産性を向上させたり高速化に対応するために、超過したガスを取り除くスーパーフォビック分離膜コンタクター(脱気モジュール)が使用されています。 インクの脱気・脱泡による生産報告では、15%ほど高速化に成功しました。インクの脱気・脱泡はプリンター(印刷機)を円滑に運転するだけでなく、品質と生産性も向上することが可能です。

技術短信 (TB) 52:インクのバブル除去(脱気・脱泡)
スーパーフォビック®脱気膜を備えたインクの脱泡。

リキセル分離膜の簡易実績表
リキセル分離膜コンタクター(脱気モジュール)簡易実績表

もっと技術短信

詳細

アプリケーションに合った製品をお探しですか?ご覧になれる全ての リキセル® 分離膜コンタクターの 技術資料をお読みください。

スーパーフォビック®分離膜コンタクターは、インクジェット、コーティング及びその他ガスを発生する工程でマイナスの影響をもたらす溶液に対し、バブル(気泡)を除去及びガス溶解(給気・付加)に幅広く利用されています。

液体からガスを除去することにより欠陥を減らし、インクジェット印刷機のヘッド噴出不良を回避することで、生産性及び操作性を大幅に向上させることができます。 スーパーフォビック脱気モジュールは又、現像液、乳剤、紙、フィルム及び印刷版用の写真塗料液の脱気に使用されています。 更にコンタクトレンズ製造における液体の脱気・脱泡に使用されています。

スーパーフォビック分離膜は、ガス交換やガスの除去などを最大限にするために、膜に対し放射状に流れる流路を採用しています。 中空糸膜は独自の非多孔質による半透過性の中空糸膜ですが、膜の外表面の透過性のある層は脱気を行います。 液体が中空糸膜の壁に接触する過程において、ガスは液体から外壁層より気相側に拡散されますが、液体は膜壁を通過することができません。

溶液の脱気にかかる時間は中空糸膜の大きな表面積によって大幅に削減され、従来の真空脱気筒と比べてガス交換は迅速に行われます。 スーパーフォビック脱気膜はインラインで使用され、脱気及び脱泡が迅速に行われます。 表面張力が20~40dynes/cm の液体はスーパーフォビック脱気モジュールに適しています。 リキセル脱気モジュールは表面張力が水と似ている液体に使用されます。

スーパーフォビック及びリキセル分離膜コンタクターは、多くのアプリケーションのニーズに合うために様々なサイズを揃えています。  小型の脱気膜はインクジェットプリンターに、大型の脱気膜はプリンタのインク供給口又は充填工程に使用できます。 脱気膜は被覆物等に起こりうる欠陥を低コストで効果的及び簡潔に回避します。様々な種類のインクやコーティング液のバブル(気泡)形成を抑え、インクジェット印刷ヘッドの噴出不良を軽減します。